コメントは受け付けていません。

今日は休日だけど、子供は部活だし旦那の敦士は友達とゴルフに行くというので私も出かける事にしました。

Posted by admin on 3月 29, 2014 in dream

出会いのサイトであったセフレの博史と近藤さんに連絡してみると会えるという事で博史のアパートに昼頃行きました。

アフィリエイトで稼ぐ話などもして3人でピザを頼もうという事で電話をして待っていました。

お酒はすでに飲み始めていたので、どんどんエッチな気分になってきました。

私は近藤さんに抱きつきキスをしました。

近藤さんも、私のおっぱいを揉みながら激しく舌を絡めてきます。

博史が「新しいバイブ買ったよ」って言いながら、ものすごく大きくて絶対そんなの私のおまんこに入らない!って思うような紫色のバイブを手にして私のおまんこにくっつけてきます。

博史は私のおまんこを見ながら「まだ濡れ方が足りないな。これじゃこんなにでっかいちんぽ入らないよ」って言いながら、私のクリをいじり、おまんこをベロベロと舐め始めました。

近藤さんは乳首をしゃぶってくるし、二人からの攻撃に耐える事が難しくて大きな喘ぎ声をだしちゃいました。

博史が「ここの壁薄いよ。隣のお姉さんに聞こえちゃうよ」って笑いながら言います。

窓も全開で開いてるのも思い出しました。

私のいやらしい喘ぎ声が誰かに聞かれてるんだ!って思ったら更に一層感じてきちゃって「でっかい、ちんぽ早くいれて!!」って叫んじゃいました。

近藤さんは私のおまんこの様子をスマホで撮りだしました。

博史が紫色のバイブを私のおまんこにゆっくり挿入してきました。

「さっきは到底無理かと思ったら、スルスルおまんこが咥えていくぞ」って博史が言うんです。

私はあんなに大きいのに、あれが入るなんて・・って私のおまんこのヤラシサを実感しました。

博史が、奥まで全部入りきった所で一回止めました。

そしてその後激しくバイブを出し入れしてきます。

さっきまでの喘ぎ声なんて比較にならないほど叫んじゃってました。

その時、ピンポーンって呼び鈴が鳴りました。

そうだった!ピザ・・・・。

近藤さんが唯一服を全部着てたので、近藤さんが出ました。

と、言っても博史の部屋はワンルームで玄関を開けると部屋全体が簡単に見渡せます。

私も博史も全裸で、しかも紫色のバイブが私のおまんこに入ってます。

博史は動かすのをやめません。

近藤さんはドアを開けました。

宅配の若いおにいさんでした。

「お届けに・・・」って言いかけた途端、私達の姿が目に入ったみたいです。

博史は更に一層バイブを激しく動かしてきます。

私はピザ屋のおにいさんがいるのにもかかわらずエッチな喘ぎ声がとまりません。

そして時々気持ちよすぎて叫んでいました。

宅配のおにいさんは、目を私達から離す事が出来ないみたいでした。

近藤さんが「ごめんね~、あいつら夢中になってて」っていうとおにいさんは「いえ・・」って言いながらも私達を見てます。

私はよつんばいになってバックからバイブを挿入されているんだけど、おにいさんはちょうど出し入れする所がばっちり見えてるはずです。

博史が耳元で「おにいさん勃起してるよ」って小声でささやいてきました。

その時ア~~~って声とともに潮をふいちゃいました。

おにいさんは「アッ、す、すごい。潮吹いた・・・」って声に出してました。

それを聞いた近藤さんが「もっと近くで、彼女のおまんこ見ていいよ」って言ってるのが聞こえました。

おにいさんは恥ずかしいみたいで「いいです!仕事中だから・・・」って言いながら、我に返ったようにピザを近藤さんに渡してお金のやり取りしておにいさんはドアから出ていきました。

おにいさんに見られた事でめちゃめちゃ興奮した私達は3人で、交互にセックスをして性欲を満足させたんです。

そして性欲が満足したら食欲が出てきて3人で「おにいさん、びっくりしてたね~」って言いながら食欲も満足させました。

出会い系サイト仲間のこの3人で集まるといつも刺激的で本当に楽しいです。

 
コメントは受け付けていません。

訳有り男の【女の落とし方】

Posted by admin on 3月 18, 2014 in dream

高校卒業後、取り立てて夢が無かった私はキャバクラ嬢になりました。

地元からはもうすでに離れていたので、周囲には特に知り合いもいなく気楽に始めた仕事でした。

市内でも高級と言われていたそのキャバクラは、県外からの接待客も多く来る店でした。

彼と出会ったのはその時です。

彼は見た目年齢34歳、剥げてはいませんでしたが背が低くてよく喋る、中年太り気味の・・・

とにかく3枚目の男性という印象でした。

もちろんタイプなんかでもなんでもありません。

初回の帰り際に、今度来た時にはアフターに付き合ってくれと言われました。

「じゃ、またね」と軽くあしらって見送りました。再度彼が来店したのは次の日でした。

正直、肩を並べて街中を歩くのも嫌だったので、近くのホテルにあるバーに入りました。

彼は本当によく喋る人で、よくよく話を聞くとある代理店の営業局長なのだとか。

バツイチで子持ちで、実年齢は40歳。私の倍でした。

訛りで北関東の人間だという事はすぐにわかりました。

そんな彼と面白おかしく話をし終わって、さてそろそろ帰ろうかと思った頃、彼は私にこう言ったんです。

「君は、なにか十字架を背負っているような気がする。僕にはわかるよ。」って。

私はなぜかこの時、この人には本当の自分が見えているのでは?という錯覚に落ちいったんです。

今でもその理由は分かりません。

その彼が、私の初めての男性になりました。

その後、京都出会い系サイトの男性と付き合って気がついた事ですが。

彼は器の小さな臆病な男でした。それにケチだったんです。

別れ際に「お前には○百万つぎ込んだんだぞ」って言われて、正直呆れました。

あ~いちいち計算してたんだ~ってね。

女の弱いところを突くことで、自分のモノにする手口を使う男だったんです。

なにより、女は悲劇のヒロインになるのが好きですからね。

別れて良かった男ナンバーワンです。

 
コメントは受け付けていません。

好きな人はいるんだけど

Posted by admin on 3月 17, 2014 in dream

恋人はいます。

その人が大好きで、ちゃんと彼氏、彼女って思いあってて、友達にも紹介済み。

でも、彼はSEXがあんまり好きじゃないんです。

私は、すごく好きで、すごく、したいと思ってます。

でも、あんまりしたいしたいって言い続けるのはなんだかどうかなって思うし、やりたくてつきあってるわけじゃないのに、私がっつきすぎだなとも思う。

だから、こっそり、学生出会い系サイトでSEXだけの付き合いのできる人探しちゃって、いまその人ともSEXだけの関係で付き合ってます。

セフレ君は彼女いないので、もしも彼氏と別れたら、正式に恋人になって欲しいって言われてて、もしも、別れたらね、と言ってます。

あんまり、時間とられると彼氏にばれたりしたら困るから、車で直接ホテルで待ち合わせして、時間一杯やりまくって、ホテル出るときも別々。

ご飯食べたりカラオケ行ったりも全然してません。

本当にやるためだけの相手なんです。

でも、SEXの相性は最高に良くて、こんなにいかせてもらったの、はじめてってくらい、感じまくりで、初めて、潮を吹いちゃったんです。恥ずかしくて、いやらしくて、最高の経験でした!

2~3時間、シャワーやお風呂の中でも、ずっと感じさせて貰って、生きてるって気持ちになっちゃうんです。

セフレくんのおちんちんが入ってないときは、おもちゃが入ってるくらい、ずっと入れっぱなしで、おもちゃをいれたまま、フェラしてあげたり、ホントSEX狂いなんじゃないかしら、私。

でも、このセフレくんとの濃厚なSEXがあるおかげで、イライラしたりしないし、彼氏にも優しくできるんです。

私のように、沢山感じていっぱいしたい女の子も、彼氏みたいに基本やりたくないひとがカップルっていうのは、ある意味不幸なのかな?

でもSEX以外の部分では、最高に愛してる彼氏なんです。

 
コメントは受け付けていません。

彼氏に振られた私を慰めてくれた男友達がセフレに

Posted by admin on 3月 16, 2014 in dream

以前、私が彼氏と別れてすぐの時に、たまたま大学時代からの出会い系サイトのメルトモの男友達から連絡がありました。

私が彼氏と別れたという話をすると「気分転換に遊びに行こう」と言ってくれたので、私は彼と二人で食事をすることになりました。

お酒を飲みながら振られたことへの愚痴などを聞いてもらい、彼に慰めてもらい私もだんだんと元気が出てきました。

お店を出てまだ少し時間もあったので「2件目に行く」と彼に聞いたところ、「もっと他のところがいい」と耳元で言ってきました。

彼のことをそんな目で見たことはなかったので、私は鈍感な対応で「どこに行くの?」と聞き返しました。

彼は「行けば分かる」と言って、そのまま足を進めるので私もついていきました。

気付けば、この辺りでは有名なホテル街の近くまで来ていました。私はそこで彼の考えていることがやっと分かりました。

彼氏と別れたばかりだし、彼にはそんな気持ちになれないので、「今はそんな気分じゃない」と言うと、彼は「いいじゃん、少し入って休むだけでも」と言ってきました。

私は押されると断れないタイプで、ホテルに入ってしまえば休むだけでは済まないことはどこかで分かっていながらも、「それじゃあ、休むだけね」と約束してホテルの中に入りました。

部屋の中に入ると、彼はいきなり抱きしめてキスをしてきました。

「休むだけって言ったじゃない」と彼に言うと、「そうだよ。こうやって、ゆっくり休もうよ」と言って今度はゆっくりと唇を動かしながら、ねっとりとしたキスをしてきました。

そのキスにすっかりやられてしまった私は、彼に身を委ねました。

別れた彼は淡白だったのですが、彼はとても濃厚で相手が遊び慣れているのか相手が喜ぶ部分を知っていました。

それから神奈川出会い系サイトで知り合った彼のテクニックにハマってしまった私は、時々彼と合ってはホテルに行っています。

普通の男友達からセフレになってしまいましたが、話によると他の共通の友達とも経験があるようで私はそのことにも興奮しさらに彼との行為にハマってしまっています。

 
コメントは受け付けていません。

裸でラジオ体操をしてもらった

Posted by admin on 3月 15, 2014 in dream

私は体育会系の女と出会い系サイトでセフレ関係となった事があります。彼女は大学生の陸上部であり、ばりばりの体育会系です。

彼女とは何度かエッチをしているうちに、私はふと変態なプレイを思いつきました。

それは彼女に裸でラジオ体操をしてもらおうという考えです。

変な話ですが、当時の私はいかに変態なプレイをするかを日々考えていました。

そしてその考えを思いついて数日後、携帯電話でラジオ体操の音を録音して、彼女の自宅に行きました。彼女の自宅に着くと初めは食事をしたり、衛星放送で映画を見ていたりしましたが、段々と二人の距離は縮まり後は、いつもの流れでエッチをします。

それから、お互いに洋服を脱いだ後に、私はラジオ体操をやってくれないか頼みました。

もちろん初めは駄目と言われました。しかし、私は本気で頼み、何度も頭を下げた結果、やってもらえることになりました。

私が携帯でラジオ体操の音を鳴らすと、彼女は顔を真っ赤にさせながらラジオ体操をしました。

特にエロいと感じたのは、ジャンプをしながら足を開く動作の時です。

ジャンプをしているときは、胸が揺れるし足を開いたときには、陰毛がふわっとなっているのが分かります。

それを見た私はラジオ体操を止めて、再びプレイに戻りました。

後は、彼女と激しく愛し合いました。

そしてそれ以降も愛人出会い系で彼女とプレイをする時は、ラジオ体操をしてもらい私の変態な願望を叶えてくれました。

それから、彼女とは現在は会っていませんが、またセフレを作ってラジオ体操をしてもらいたいです。

 
コメントは受け付けていません。

1年間付き合った熟女のセフレ

Posted by admin on 9月 6, 2013 in 未分類

私は大学時代、3年生の女子中学生の家庭教師をした経験があります。
京都は大学生が多く、家庭教師のバイトができるのはラッキーな事でした。
アパートの大家さんの伝で家庭教師を探していた家庭と出会う事ができました。
1年間でしたが、真剣に教えました。その中学生も必死に努力した甲斐があり、女子大学の系列の高校に無事入学させる事ができました。
その家庭は、両親と娘の3人家族ですが、父親は単身赴任で、見た事はありませんでした。母親は年齢よりも若く見える明るい女性でした。
その母親茨城出会い系サイトで旦那と知り合ったそうで、娘が希望の高校に進学できた事を大変喜び、私にも大いに感謝してくれました。娘さんの高校合格を見届け、春休みで故郷に帰リました。
新学期に京都に戻ると、その母親はお礼にと、自宅に食事に招待してくれました。出かけると、母親一人で、娘はクラブの新人合宿で不在との事でした。
あえて娘の留守に私を招待するのは何かあるなと、一瞬スケベ心が頭をもたげました。
予感どおり、食事をし、少しビールでほろ酔い気分の私は、暗に誘う母親の求めに応じてベッドを共にしました。童貞ではなく、何度かセックス経験のある私も、熟女の飢えた獣の様なセックスには驚くと共に、熟女のセックスの虜になってしまいました。
その母親とは、就職して私が京都を去るまでの1年間、セフレの関係を続けました。
週1回のペースで、家やラブホで昼下がりのセックスを楽しみました。まだ経験の浅かった私は、母親の熟女のテクニックに調教され、半年もするとHビデオの男優まがいのテクニックを身に付けていました。
旦那が単身赴任で、女盛りの飢えた身体をぶつけていたのでしょうが、その激しいセックスは今も忘れられません。京都での最後の1年をセフレとして楽しませてくれ、私をセックスに開眼してくれたその母親を今でも時々、熟女のよがり顔で思い出します。

 
コメントは受け付けていません。

トレス状態と身体の健康について

Posted by admin on 6月 29, 2013 in dream

ストレスが身体にかかりすぎてくると、身体にはいろいろな全身症状として現れてきます。全身症状としては、「疲れやすい」「睡眠障害」「関節痛などの筋肉の痛み」「循環器系」「目や音などの感覚器系」「食欲不振などの消化器系」などに兆候として現れる場合があります。

しかし、自分自身では器がつきにくく、周囲の人たちが器がついてあげることが重要です。生体反応のプロセスとして、身体にストレスを受けることで、「不安」「怒り」「失望」「恐怖」などの情動変化が起きてきます。さらにそれが続くことで、「動悸」「冷や汗」「震え」「息苦しさ」というような身体的変化に気がついてきます。出会った方もストレスで大変でした。

また、身体的変化を解消しようと「せかせかと行動する」ということや「タバコ」「お酒」などで気を紛らそうというような行動が現れます。

しかし、受けているストレスがあまりにも強力であったり長期に及ぶ場合には、ストレスによって体調に変化をきたしてしまう場合もあります。それは、さまざまな症状として現れる場合があります。

 
コメントは受け付けていません。

鶏肉を自作タレで漬けてみたら……。

Posted by admin on 6月 25, 2013 in dream

ふと思いついた自作のタレを使って、鶏肉料理を作ってみました。

先ずは鶏肉を付けるためのタレを作ります。
材料はシンプルで、めんつゆ・味噌・一味唐辛子・ラー油を使用し、これらを適当に混ぜた雑なタレを作ります。
そしてそのタレに鶏肉(今回は安いムネ肉を使用)を一日漬けて置きます。

一日経って確りとタレによる味付けが完了した肉を、フライパンで焼きます。
あとは焼き上がった鶏肉を自分の口の中へ入れると……美味しい!出会った友達にも教えてあげたい!

でも、この味は何処かで食べたことのある味のような気がします?

それで暫く記憶を探っていたら、数分後思い出しました。
この味は昔お婆ちゃんが作ってくれた料理の味です。
どうやら私のオリジナルレシピだと思っていた今回のタレは、本当はおばあちゃんの味の再現だったようです。
無意識に行っていたため、自分では食べるまで気づけなかったようです。

ですが無意識とは言え、私がおばあちゃんの味を受け継ぐことが出来たのは、嬉しいですね。

 
コメントは受け付けていません。

毎日のように使う自転車

Posted by admin on 6月 23, 2013 in dream

自分にとって非常に重要な移動手段の一つとして自転車がある。

自転車がないとどこにも行くことができないというのはあまりにも大袈裟であるが、それぐらい重要なものであることは間違いない。だって遠くに探しにいけないではないか…。
駅に行くにも自分の趣味である鉄道写真撮影に行くにも自転車は必須である。
駅まで自転車で約10分。距離にして1,5キロ程度である。

鉄道写真撮影に行く時も使うが場所によって距離が変わる。2キロ先でも自転車で行くが、10キロ程度離れた場所でも天気次第で自転車で行ってしまう。
自分自身自転車で走ることが好きなので、10キロぐらいなら行動範囲となっている。
自分の家からよく行くのが大阪の日本橋である。ここは電車でも行くことができるのだが、どこの駅から言っても少し歩くことになるのが欠点である。

そこで役に立つのが自転車である。日本橋まで距離はあるが、駐輪場に止めて色々なお店を散策するのは結構楽なものである。
毎日のように使うのでお手入れもしっかりしておきたいものだ。

 
コメントは受け付けていません。

「インテリア6」 

Posted by admin on 6月 18, 2013 in dream

次はナチュラルについて詳細を列記していきます。
こちらについてはまさにカントリーとモダンの中間と言えるポジションと言えます。
ですので私はあまり好きではありません。(中途半端なので)
特徴についてなのですが、こちらは直線的で現代的なデザイン+木目などを生かした明るい色の家具を使用しているので
カントリーよりはすっきりとしており、モダンより暖かみのあるデザインとなっています。
人気ジャンルの中間的存在ですので、現在人気急上昇中のジャンルの一つらしいです。
実際知り合った恋人と展示会等を見にいっても、このようなデザインが多いです。
(すっきりした箱の中にカリモクなどを配置しているイメージ)

確かにかっこいい+暖かみがあるため非常に良いのですが、どうも私の口には合いません。
モダンならすっきりさせたいし、カントリーならとことん味を出したいので私のようなタイプの人間はあまり良く思わないかもしれませんね。

しかしかっこいいことは事実ですのでジャンルに迷っている方は目指してみてはどうでしょうか。

Copyright © 2014 ハッピー出会いプログラム、出会いの見つけ方を継続して探す. All Rights Reserved.
Theme by http://www.dancingwiththestarsalbania.com/.